読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころとからだ いつも笑顔で・・・

自分の思考癖や身体の癖を知って 内側の声に耳を傾けて笑顔で過ごす日々を目指しています

愛が深すぎて 湯あたりした 私

【湯を沸かすほどの熱い愛】

先日の東京から乗せたヒッチハイクの若者の今一番のオススメの映画という事で さっそく見てきました

 f:id:kokokarawarau:20161202222222j:image

久しぶりの映画館は 音響も 心地よいしふかふかのソフトレザーシートでそれだけでも満足(笑)
ひとつひとつゆったりしてるし
今時の映画館は すごいなぁって 感心しちゃった

 

映画は 好きな女優さんの宮沢りえ主演。
でも、余命数ヶ月…の設定(T ^ T)
芯の強いおかあちゃん(宮沢りえ)と 頼りないけど どこか憎めない(オダギリジョー)と 2人の娘。

 

泣きあり笑いあり


一年失踪してた旦那をみつけて 怒りまくるのかとおもいきや …
そこが映画らしいんかな


余命数ヶ月…これでもかこれでもかと泣かせる場面かとおもいきや コミカルな笑いも チョイスされてる
でも、次の瞬間 タオル片手に号泣してる
忙しい映画(*^^*)だこと

 

いろんなシーンが 自分に重なる事が多く 命限りあるから どうしても伝えたいこと やっておきたいことを 強引に進めていく主人公だけど 私自身も 双葉のように子供に 押し付けた ことあったなぁって
でも、想い ちゃんと受け取ってくれてたんだろうか… それとも おかあさんなんて 私のこと何にも わかんないくせに…と とられたのかなぁって
ふと 何十年も前の事が浮かんだ

 

映画のように 場面を客観的に見れるとその場にいる当事者ではなく 俯瞰できるがゆえいろんな想いが 走馬灯のように 駆け巡る

双葉のきもち
あずみのきもち
あゆこのきもち
おとーちゃんのきもち

 

私のきもち
むすめのきもち

 

ぐるぐるぐるぐる…

 

少し私得意の凝り固まった思考ループに はまってしまった(ーー;)

 

あんな細腕で 力強く 立ち振る舞う姿をみて 素直に この人凄い‼︎

 

 弱っていく中 確実にミッションをクリアしていく 主人公。


とは言ってもあの状態で運転するのは 現実には 怖いが 映画は なんでもありである(^◇^;)


母と娘、悲しいかな同じ環境だから こそわかる 弱さや 強さ。
でも、それを 伝える難しさ
映画の中では半ば 強引のようにみえる 選択も あの家族には 私が知りえない 絆が 深くつながってるからこそ わかりあえて 良い影響となっている

 

そんな 深い映画のあとは 湯あたりしたように 頭がぼーっとしてた

 

私がもし あと数ヶ月の命だとしたら

 

何ができるだろう

 

何を伝えたいんだろう

 

ヒッチハイクの若者のおかげで 自分に問いかけるきっかけになったよ

ありがとう(*^^*)

湯を沸かすほどの熱い愛 | 上映中作品一覧 | ミッドランドシネマ 名古屋空港

 

ps.泣きすぎて洗面所で じゃぶじゃぶ顔を洗ってしまった(⌒-⌒; )